TOP

久しぶりに風俗行きましょうよ、そこの君。きっと楽しいですよ。

相性の良さが魅力に感じたデリヘル嬢

心と体の相性が自分に近いほど、快感が強くなるということを、デリヘルを通して感じたこの頃。またひとつ大人になったような気がします。いつもは素人系のデリヘルを利用しているのですが、今回は少し年齢層を自分に近くして利用。呼んだデリヘル嬢は31歳のAさんでした。落ち着いた感じもグッときましたし、何よりも細いラインには驚いてしまうほどたわわなおっぱいに、衣服を脱がずとも自分のアソコは反応してしまう始末。でも、そんなエロ青年の私をそっと包み込むように、ハグ&キスを交わして、柔らかなおっぱいを揉んで、吸って楽しませてもらいました。もちろん、パイズリも忘れずにしてもらいましたが、弾力があるのにしっとりと自分のアソコに吸い付く感じがとても印象的でした。そのまま発車しても良さそうな感じもしたのですが、そのあとの素股も楽しみだったので、何とか体力を温存しつつ、騎上位素股で勢いよく発射させてもらったのです。あの子は本当に相性がよかったとつくづく思いました。

生き残った風俗店へ

数年前に比べると地元の風俗店の勢力図は大きく変わってきていて、今でも生き残り続けているお店は数件程度しかなかったです。過酷で激しい競争に生き残り続けている風俗店はきっと素晴らしいサービスを受けられるに違いないと判断出来たから、早速お店の情報を確認することに。色々な情報を見てみると生き残り続けている風俗店の中でも取り分け人気が高いのはソープ店らしく、取り敢えず今日はこちらのお店に通いました。そこのソープ店は流石生き残り続けているだけあってかかなり熟練したスタッフのサービスを受けられたし、誠意を持って接し続けてきたので素晴らしかったです。とにかく男性客との交流におけるコツを意識しているから、気持ちよくサービスを受けられました。過酷な競争の中で何故ここのお店が生き残り続けてきたのかが分かりました。今のレベルを保ち続けられれば多分今後も生き残れると思うので、その時にはどの程度レベルがあがっているのか楽しみです。来週は別のお店に行ってそちらの方のレベルを調べてみるつもりでいます。

絶対に離れられないイメクラ遊び

最近、とても気持ちの良い遊びを覚えました。それは風俗で遊ぶことです。実は、私は今まで風俗で遊んだことがなかったんです。妻と結婚して10年ほど経ちましたが、夜の生活は未だに健在で、そういうことも含めて妻との生活に不満は全くありません。子どももすくすぐと成長していて、私たちの子どもとして自慢できる子どもに育っていると思っています。そんな具合ですから、風俗で遊ぶということを考えたこともなかったんです。それが変わってしまったのは、単身赴任をしてからです。一人での生活の寂しさに耐えられなくなっていたころに、同僚に誘われてイメクラに行ったのが、風俗で遊ぶことを覚えるきっかけになりました。はっきり言って、気持ちが良すぎて完全にハマっています。妻とはしたことがなかったシチュエーションプレイが、私に激しい興奮を運んでくるんです。強烈な気持ち良さに、イメクラ嬢とのプレイにいつも夢中になってしまいます。だから、単身赴任を終えてからも、この遊びはからは離れられそうにないと思っています。